2012
12.04

ギャベセミナー

Category: レポート
先日、今、話題のカーペット「ギャッベ」の勉強会を、デヴァン八千代さんにて開催致しました。
その時のセミナーを報告します
ギャベ0

講師はこの方、
(有)バハールの社長さんグーチャーニーさんです。
日本人より日本人らしいとご紹介いただいたこの方、
とてもきれいな日本語で丁寧に説明してくださいました。

ギャッベはね、イランの遊牧民、カシュガイ族の女性たちが、自由な発想のもと手で織っていきます。
社長さん自ら、実際生活をされているテントを回って、買い付けをされるそうです。
「私は日本にいるときよりイランに行った時、買付してる時が一番忙しい」っとおっしゃってました。

繧ョ繝」繝呻シ狙convert_20121204151520
このギャッベ、何色もの色が使われていますが、これすべて自然の羊の毛の色なんです。
白い羊の毛、
黒っぽい羊の毛、
グレー、
ベージュ??
いろいろな色の羊の毛を使って織り上げてます。
自然なんですね。他にも赤や緑、青等の色が入っているもありますが、それらはみな自然の染料を使って染められ、織り上げていきます。
ちなみに、
羊の毛・・・・くるくるふわふわだったように記憶するのですが、
イランの羊は直毛のようです(写真を見る限り)
かわいいというより格好いいです

そうそう、
右側の2つの木のようなデザイン。これは生命の樹というデザイン。成長や長生きを願ったもののようです。


繧ョ繝」繝呻シ棒convert_20121204152240

汚れにも強いです!なんて言いながらカーペットの上に水をこぼし・・・・・
でも、中まで染み込みません。
指でなぞると水が移動します。
繧ョ繝」繝呻シ農convert_20121204151939
たたくようにして拭いてあげればこの通り。
何があったの??っと証拠隠滅です。

繧ョ繝」繝呻シ廟convert_20121204152203
もちろん裏にも染み込んでいません。

同じサイズなら手の込んであるもの(緻密な物)の方が高価だったり。
090_convert_20121204160224.jpg

古いものの方が高価だったり・・・・
一番下のギャッベは50年モノです。
087_convert_20121204155920.jpg


こんなにかわいい柄や
086_convert_20121204155752.jpg

こんなモダンなデザインも
繧ョ繝」繝呻シ胆convert_20121204151823

ギャッベはながーく使い込んでいくもので、気分によって敷きかえることはあっても新しくする(古いものは捨てる)という感覚ではなく、増えていくものだそーです。

また、織っている方の感性で作られていくので・・・・
面白い。興味は尽きない。

とても中身の濃い勉強会になりました。
参加者一同「もしやギャッベのスペシャリストに!?」


12月16日までデヴァン八千代さんに200枚のギャッベが展示されています。
実際に見ないと良さはわからない。
お近くの方でご検討されている方はこの機会にぜひ^^
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://smile24712.blog113.fc2.com/tb.php/68-7c64338a
トラックバック
コメント
先日皆さんとギヤッベの勉強が出来てとても嬉しいです。皆さんにも出会う事でき人のつながりも幅広がる事がありがたいです。また何かできることがあればと思います。
グーチャーニー ビジャンdot 2012.12.07 15:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top