FC2ブログ
2019
07.30

北欧の灯り展に行ってきました。

Category: レポート
OZONEでの灯りを楽しむイベント「ポール・ヘニングセン生誕125年展示」と北欧の灯り展へ
今回もギリギリ行ってきました。

北欧インテリアには必ずと言っていいほど空間に彩を添えてるポールヘニングセンの照明。
だけどこの照明はデザインより機能性を優先して生まれたことがわかる展示。
IMG_20190729_202401.jpg

IMG_20190729_202453.jpg
IMG_20190729_151912.jpg

でも詳しくは1階のギャラリーで展示されている
IMG_20190729_195050.jpg

ここではヘニングセンをはじめアアルト、クリント、ヤコブセン・・・・・等々北欧を代表するデザインナー、建築家の照明器具の現物、そして光の考え方、設計、ドローイングが展示されている。

写真がきれいに撮れてないけどこんな感じで展示。
IMG_20190729_161126_20190730085817f56.jpg

IMG_20190730_092341_2019073009393663b.jpg

光の配光曲線
IMG_20190729_160829.jpg

お馴染みクリントの紙のシェード。
IMG_20190729_160553.jpg

実は同時期にヘニングセンも作っていたとか・・・
IMG_20190729_160259.jpg

ポールヘニングセンの光への考え方。
良質な光とは・・・・
光の配線図光の設計図は凄すぎて同じ時代に生きていたら弟子にはなりたくないかも
でもね、そのおかげで人が不快にならない、心地よいと感じることのできる美しい照明を
世に中にたくさん産んでくれました。
IMG_20190729_160131.jpg

館内も「夏の灯り」と題し、あちこちに素敵な照明。
北欧の灯りでは無いけど
インフォメーションカウンター前にあった徳島の藍の前のこの空間
IMG_20190729_152557.jpg

LEDだとこんなこともできるんですね。
素敵でした
IMG_20190729_152212.jpg


北欧の灯り展は今日までですが間に合ったらぜひ行ってもらいたいな~
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://smile24712.blog113.fc2.com/tb.php/198-099f5216
トラックバック
back-to-top