2017
10.21

星空の写真を撮りたくて

Category: 未分類
教えていただいてる体育会系写真講座で
先週末、星空撮影の勉強をしてきました。
場所はこちら美しい星空の宿スター☆パティー「スタパ」さん

星空写真って言葉を聞いてまず思い出したのが。むか~し理科の教科書に載っていたあの星のぐるぐる写真?
小学生のころ同級生の男の子グループが夏休みの宿題にそんな写真を持ってきた。クラスの子たちは「スゴイ☆彡」とその男の子たちと写真の周りを囲んでいたけど、先生はどこで撮ったの?夜に子供だけで?親御さんは?っとなんか怒っていたのを記憶してる。
確かに、今ならわかります。昔であっても子供だけで野宿したのか?は定かじゃないけど危ないよね。
でも私はそんな彼らをスゴイと子供ごころにワクワクしていたのを覚えてる。
そんな記憶もあり星空撮影の勉強会のお話しを聞いたときどうしても行きたくて~
家族の協力のもと行ってきてしまいました。

講義内容は盛りだくさん。
・座学の講座では星を撮影するための絞り、シャッタースピード、ISO感度のこと、三脚の選び方~使い方、先生方の
 今まで撮影された星空の写真をみながら撮影のポイント。画角構成。・・・・と学ぶこと盛りだくさん。
・双眼鏡教室・・・・双眼鏡の使い方、初めて知りました。
・星空観測会~の撮影実習。
の予定があいにくの雨。
でも雨の日に開催される星空ソムリエのオーナーさんから「星空のお話し+宇宙旅行」をプロジェクターで!
とっても興味深くおもしろかった。
宇宙の中の私はとってもちっぽけだけど。そんなちっぽけな私も頑張って生きてるよ!な~んてちょっとしみじみ思っちゃいました。
そんな宇宙旅行から帰ってくると厚い雲のすき間から奇跡の星空☆
肉眼で星を教えていただきながらそこから40センチ望遠鏡を使った観測会。
美しかった。キラキラ輝く星に言葉を失う。
そのあと撮影実習~っと思ったら再び厚い雲。。。。。
座学で星空を撮影するときの手法を教えていただきながら
星空1

プラネタリウムを使って構図とピントの合わせ方を実習。気が付けばAM2:00

生憎実際の写真は撮れなかったけど中身の濃ーい講座でした。
開催いただいた知新先生、戸田先生、
励ましてくれたみなさん、スタパさん、ありがとうございました。

学んだことをあとは自主練習。
っと誓ったのに早速やっちゃいました。
失敗した写真、↓
次の日、帰る際「あっ!スタパさんの外観とるの忘れた!」と慌てて撮った2枚。
シャッタースピードだけ変えISO感度そのままで撮った写真がコレ。

hoshizora3.jpg 

hoshizora 2

先生が言ってました。
暗い中、試し撮りをした際うまく取れなかったら慌てない。落ち着いて、微調整。
ISO感度とスピードのせめぎあい。
私・・・昼間でもテンパります。
星空撮影は暗い中行うので落ち着いて手の感覚で調整できるように訓練あるのみ。
私の最重要課題は「落ち着いて」です。

今日は、新月だし、条件が整えば今日21日土曜日20:00~24:00、オリオン座が地平線上に出ていれば「オリオン座流星群」が街中でも見ることができるらしい。でも・・・・現在、雨です。台風が来ている
奇跡の晴れ間が現れるか?
その時は慌てず焦らずISO感度とスピード調整を落ち着いて臨みます。

帰宅後、本棚をのぞいていたらあったあった。
子供が小さいころ買った「星座早見表」
今は素晴らしいアプリ(しかも無料)があるので実際にはそちらの方が便利だと思うけど
こんなものをくるくる回しているのも楽しい。
キーホルダーはスタパさん15周年記念で宿泊者の方にプレゼントしているキーホルダー(たくさん用意したくださったそうですが無くなり次第終了とのこと)
今や星占いとか全然気にならない年齢になってしまったけど
自分の星座がとっても愛おしくなりました。
hoshizora4.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://smile24712.blog113.fc2.com/tb.php/146-272dcf07
トラックバック
back-to-top