--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.20

tomitaTOKYOショールーム  創業地へ帰ってきました!

Category: レポート
インテリア関連商品を取扱いされている㈱トミタさんが
京橋地区の再開発工事が終わり、創業地の京橋に帰ってきた。

新しいtomitaショールーム。
8.jpg
入口入ってすぐ、圧倒されるのがこの吹き抜け空間。取扱いのある様々な商品が美しく飾られてる。

壁は和紙の壁紙、
天井貼られているのは本銀箔。
9.jpg
経年変化でどんな色に変わっていくのか?(変わらないのか?)楽しみ。

パウダールームの壁紙の銀色ベースなのに落ち着いていて、しかもこの照明の明るさだけでも明るい
写真では暗く映ってますが明るい空間。
18.jpg19.jpg

そして2階へ
12.jpg
以前のショールーム内の1~2階を繋ぐ螺旋階段の面影を生かし・・・・
ここからtomita提案の世界が広がってくる。
ここにはディズニーランドのアトラクションへ行くまでのアプローチに似た感があった。

2階はプロメモリアを家具を配しながら落ち着いた居心地の良いtomitaの空間提案。
14.jpg

15.jpg

11.jpg

16.jpg 21.jpg

そして・・・・
プロメモリアのキャラクター?
「RANA」=ラナ
13.jpg
この子は、仲良くさせている営業の女性の方と、かつて話が盛り上がったことがあり
私の中では非常に思い入れのあるキャラクター。

屋外にはちょっと一休みできるソファ(tomitaさんの張地)があったり
(11月末ごろの豪雨も問題なかったそうです)
3.jpg 4.jpg

ランチ時にはOLさんがここに座ってお昼を食べる姿があるそうで、
2.jpg

再開発されて、この辺の雰囲気はどうなるのかな~?っと
昔の京橋を知っていう方々は思うところがあったそうですが、
そんな風景をみると心底よかったと「ホッ」とするそうで、
そんな話を聞くと改めて「人情の街=京橋」の変わらない姿に胸が熱くなった。

建物にはこのお神輿が壁面に展示されていて、
この街を見守っているように感じた。
7.jpg 6.jpg

最初の吹き抜け空間の棚にはまだ空いている場所があり、ココがこれからどんなもので埋められていくのか~
それも楽しみ。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://smile24712.blog113.fc2.com/tb.php/129-bd910ce3
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2017.05.11 17:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。