2014
03.27

災害食の勉強会

災害食って・・・・どんなものを用意したらよいか~
資料、情報はちまたにあふれているかもしれませんが
実際のところわからない事って多くないですか?
(カンパンって言うけど・・・・カンパンでいいのかな?っとか)

3.11以降~また昨年、千葉県インテリアコーディネーター協会のイベントを通して、
「住まいと防災」についてより深く考えるようになりました。
家の中の防災については今度お話させていただくことにして、
(インテリアコーディネーターが提案する減災のためのインテリアを

今回は一緒に研究している岡部さん
の力で、下記の勉強会が行われることになりました。

ぜひ参加したい!っという方は、直接岡部さんのHPからお申し込みください。

私も行きます

【災害時の備蓄する食品についての勉強会】

日時:   4月4日(金)  10時~13時

参加費: ご紹介価格でなんと2,000円(昼食付)でご参加いただけます。 

場所:  浦安市民プラザWave101(JR新浦安駅前)


下記、セミナー内容のご案内です。

災害時の食品を備蓄する場合、どういうものを用意したらいいか悩みますよね。

行政が備蓄しているサバイバルフーズから、

日常でも食べたくなるような美味しい災害食もあります。

災害時はストレスが沢山あるため、平常時に食べた経験のない食品は

食べられないという被災者は沢山います。

普段おいしくない食品を災害時に食べることは難しいと考えた方がいいようです。

大震災後、「災害時だからこそ温かく美味しい食事が食べたい」というお声は

たくさんあったそうです。


3月2日 NHK総合「サキどり」でも取り上げられたのですが、東日本大震災で100万食も食べられた

「美味しく炊き立てごはん」の災害食があるのをご存じですか?美味しいだけでなく、

保存期間が3年半もあるのです。


その技術開発に携わった別府茂先生(日本災害食学会理事)が、新潟からいらしてくださいます。


「保存料を使わず、容器・包装や衛生管理の技術」で食品をロングライフ化できた技術などを説明します。


また.災害食の選び方、考え方、収納を検討する前に、被災生活を想定したうえで、ライフラインの代替、

食品の選択という順序で検討する必要性について具体的に説明するセミナーもいたします。


昼食に美味しい「レスキューフーズ一食ボックス」を温めて食べていただきます。


他にもフリーズドライの災害食や、冷めてても美味しい災害食、

災害時の栄養補給食品の紹介もいたします。


このセミナーにご参加いただきましたら災害食の知識がつきます。

どうぞご検討ください。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://smile24712.blog113.fc2.com/tb.php/106-f3dbadaf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top