FC2ブログ
2019
03.21

青山インテリアショップツアー <骨董通りエリア 4>

Category: インテリア
青山インテリアショップツアー
続いて「Dada&モルテーニ」
_MG_0247.jpg
「Dada(ダーダ)」
昨年12月にオープン。
モルテーニグループのキッチンブランド。
建築家「ヴィンセント・ヴァン・ドウイセン」が
「ダーダ」と「モルテーニ」のクリエイティブディレクターに就任し、すべてをみている。

その中でのキッチン「Dada」は
いま、キッチンが空間の中に置かれるようになってきて
その中でキッチンがいかに家具、空間の中に違和感のなくコラボレートしていけるかが重要になってきている。

デザイン、素材、質感に共通項があることによって統一感が生まれてくる。

モルテーニの収納の技術力も生かされている。
_MG_0224.jpg
棚板の下にLED
_MG_0225.jpg

システム収納
_MG_0228.jpg
手掛け
_MG_0229.jpg

壁面の収納、手前に扉がついてある隠すことができる。
_MG_0209_convert_20190321215659.jpg
でも隠さなくても美しい。
見せても隠しても美しい機能美。

こちらのキッチンは横のテーブルの部分(ダイニングテーブルにもなる)
ここ電動で昇降できます。
_MG_0226.jpg

_MG_0220.jpg

アルマーニとコラボのキッチン。(アルマーニデザインでダーダがキッチンを作った)
_MG_0211-1

_MG_0216.jpg

天板が動くんです。(でもこちらは手動)
_MG_0219.jpg

水まわり。
水栓は使わないときはしまいます。
_MG_0215.jpg

_MG_0214.jpg

モルテーニの技術が生かされた食器棚も今までは上から照明を落としてキャビネット内をライトアップしているものが多かったけど
LEDのおかげで各棚板の下に仕込んだり
側面に縦にLEDを入れることで棚の中全体が美しく仕上がってる。
_MG_0199_convert_20190321214921.jpg

_MG_0248_convert_20190321215817.jpg

私自身、実際の仕事でも
壁を設けず空間の中央にキッチンを置く形が多くなり
キッチン本体も「ブラック」とか「木目。家具の色」を取り入れるプランが多くなってきている。



そして「モルテーニ」
80年を超えるブランド。
内装デザインはパトリシア・ウルキオラ氏
地下に降りる吹き抜けの装飾壁は壮観で息を飲む。
階段を降り進んでいくと不思議と気持ちが落ち着きます。
_MG_0264.jpg

_MG_0273.jpg

たくさんのデザイナーとコラボレートしているけどバラバラにならないのは
ヴィンセントがデレクションしているから。

_MG_0262.jpg

_MG_0259.jpg

_MG_0257.jpg


_MG_0271.jpg

_MG_0275.jpg

_MG_0258.jpg

_MG_0281_convert_20190321215049.jpg




スポンサーサイト
  Trackback:0
back-to-top