FC2ブログ
2019
08.09

話題の「熱海 桃乃八庵」に行ってきました。

Category: レポート
インテリアプロデューサー、デザイナー、澤山乃莉子さんの新しいプロジェクト「キュレーションホテル」
その第一号「桃乃八庵」
書籍出版特別見学会へ参加させていただきました。

場所は熱海
_MG_9708.jpg
駅降りてびっくり
たぶん熱海に来たのは17年ぶり。その時は生まれたばかりの娘と電車で来たんだけど~
もしかして私の思い違い?あれは熱海じゃなかったのかしら???もっとさびれていた印象だったのに💦
頭の中は???と同時に熱海スゴイ!何この駅ビル。
恵比寿の駅前と変わりないじゃん(なぜか恵比寿の駅を思い出し)
避暑地に来たはずなのに。と寂しさも感じつつ。

このあとのセミナーでこの3年で熱海が劇的に変わったことを知ったのですが。。。。

話は戻して
目的の桃乃八庵へ
築85年の古民家を当時の意匠を可能な限り残した再生プロジェクトクト
存在は知っていたのですが先のリフォーム産業フェアでのセミナーを聞いて
見学会がある事を知ってしまったら
「行ってこの目で見て体感したい。」その気持ちしかなく
会場で仮申し込み。
帰宅後行っても大丈夫だよねと身辺を確認して行ってきました。

デザイナーの創造と職人の手仕事の
新・旧、東洋、西洋、伝統と革新 それらが融合しているのにまとまっているキュレーションホテル
旅館でいえば大広間。住まいだとリビングになるのかな?
人が集まる空間。
天井の梁は同じ色になるようそれぞれの木をみて洗いをかけていったと。
_MG_9720.jpg

アクセントの壁は圧倒的なインパクトを空間に与えていてそこにはオブジェ風の照明
既存の雨どいを加工して作ってもらったものと。
_MG_9726.jpg

壁には和紙で梅が描かれていたり
_MG_9716.jpg

和と洋の融合
_MG_9815.jpg

設備は使いやすく。これが不思議と建物と違和感ない。
_MG_9748.jpg

_MG_9751.jpg

建物内の巾木は撤去された木を薄くスライスして取り付け。
桃乃八庵使われてるものはサッシ(窓)以外はもともとあったものを加工して違う形にして取り入れたものと自然素材。
_MG_9862.jpg

当時のまま
85年前の聚楽壁。
左官屋さんもこの上に塗り重ねることなんて出来ないと。
経年変化の美
_MG_9728.jpg
時を重ねることによってしか現すことのできない。
見ることのできない美しさを知った。
新しく建てられた壁は新しく左官仕上げ。
これらが調和され美しい。

この意匠を残したいという思いから行き着いた耐震構造。
_MG_9860.jpg

長崎螺鈿のキャビネット
扉を開けると中には雀が楽しそうに戯れている絵が
カメラを向けて何度もしつこくシャッターをきったがこの目で見たようには撮れなかった。
本当に楽しそうな雀たちのさえずりが聞こえてきそうな見事なものだった。
_MG_9807.jpg

建物内の床は水回り以外は和紙で作られた畳。
私も和室の提案の際同じものを提案していますがリビングの一角に和のコーナーとか
和室。いわゆる和として以外には提案したことがなかった。
ここは玄関上がってすぐ畳。
これありだと思います。

ワンちゃんにも優しい。(床、畳です)
愛犬ももちゃんが宝物を私たちに見せてくた。
_MG_9787.jpg

建物の写真はこの本で見たほうが遥かに美しい。
今回お伺いしてから本を読み。
改めてこの建物への思い。そして自分自身も今後の仕事の在り方についても
考えさせていただきました。
本中の村上 実さんとの対談も心の中に落ちてきた。
IMG_20190808_234812_20190809094438590.jpg

澤山さんは「感動した!って言ってくれた人もいるけどそれは大げさなものじゃないわよ。」
なんて笑いながらおっしゃっていたけど
いえいえこの本に書かれていることを忘れてはいけないと思った。
経年変化。時代の流れに乗りすぎないよう
建築、インテリア、新・旧、東・西、融合と調和。新しいエクレクティックスタイル。
日本にはすばらしい伝統工芸・技術がたくさんある。
それらを取り入れた「桃乃ハ庵」に刺激を受け
受け継がれているものにもっと目を向けてみていきたいと熱く感じてきました。

最後に参加者と澤山さんで記念撮影
なんとか薄く(スリムに)映ろうと必死になってわたしの姿💦
体が縦になってる
健気でしょ。
IMG_0873_201908090944375d1.jpg

スポンサーサイト



  Trackback:0
2019
07.30

北欧の灯り展に行ってきました。

Category: レポート
OZONEでの灯りを楽しむイベント「ポール・ヘニングセン生誕125年展示」と北欧の灯り展へ
今回もギリギリ行ってきました。

北欧インテリアには必ずと言っていいほど空間に彩を添えてるポールヘニングセンの照明。
だけどこの照明はデザインより機能性を優先して生まれたことがわかる展示。
IMG_20190729_202401.jpg

IMG_20190729_202453.jpg
IMG_20190729_151912.jpg

でも詳しくは1階のギャラリーで展示されている
IMG_20190729_195050.jpg

ここではヘニングセンをはじめアアルト、クリント、ヤコブセン・・・・・等々北欧を代表するデザインナー、建築家の照明器具の現物、そして光の考え方、設計、ドローイングが展示されている。

写真がきれいに撮れてないけどこんな感じで展示。
IMG_20190729_161126_20190730085817f56.jpg

IMG_20190730_092341_2019073009393663b.jpg

光の配光曲線
IMG_20190729_160829.jpg

お馴染みクリントの紙のシェード。
IMG_20190729_160553.jpg

実は同時期にヘニングセンも作っていたとか・・・
IMG_20190729_160259.jpg

ポールヘニングセンの光への考え方。
良質な光とは・・・・
光の配線図光の設計図は凄すぎて同じ時代に生きていたら弟子にはなりたくないかも
でもね、そのおかげで人が不快にならない、心地よいと感じることのできる美しい照明を
世に中にたくさん産んでくれました。
IMG_20190729_160131.jpg

館内も「夏の灯り」と題し、あちこちに素敵な照明。
北欧の灯りでは無いけど
インフォメーションカウンター前にあった徳島の藍の前のこの空間
IMG_20190729_152557.jpg

LEDだとこんなこともできるんですね。
素敵でした
IMG_20190729_152212.jpg


北欧の灯り展は今日までですが間に合ったらぜひ行ってもらいたいな~
  Trackback:0
2019
07.04

選ぶことの大切さ 豊かさ

Category: レポート

MLスキルアップセミナー「北欧の家具や器に学ぶ少ないことの豊かさ」に行ってきました。
会場はこの4月27日にオープンしたartektの直営店。

_MG_9706.jpg
地下に降り正面に広がる椅子のディスプレイは圧巻です。
セミナー終わりの夜写真を撮らせていただき
照明を背に浮かび上がるシルエットも美しい。
_MG_9683.jpg

昨年から開催されていたアアルト展で見た家具。テンション上がります。
_MG_9668.jpg

_MG_9663.jpg

_MG_9661.jpg

天井の木の曲線。照明がスリットから広がる空間はコンクリート打ちっぱなしのハードな空間を
やさしく、柔らかい居心地の良い空間にしている。
_MG_9657.jpg

雑貨は実用的で美しいデザイン。
華美な装飾はないけれども暮らしを豊かにしてくれるってこういうことなんだろうな。
っと思えてくる。
_MG_9698.jpg

_MG_9688.jpg

IMG_20190704_003751.jpg
セミナーでは実際のフィンランドのお住まいを見せていただきながら
そこにある整然とした美しい暮らしのセオリーを下田さんが紐解いてくれた。
参加者30名。セミナー後の一人一人の思うこと。感じたことの共有。
みんな思うことは同じ。「幸せな暮らし」「家族の笑顔」
暖かい時間でした。
捨てること。整理することが難しいという言葉を多く聞く中で
モノを選ぶ時の覚悟。
「とりあえず」で持ってしまったものの中で生活すると「とりあえずの人生になっちゃう」
自分にとって何が必要なのか?
モノを家に入れるときそれは本当に必要なものなのか?を自問自答する
安くて便利なものが手軽に手に入る時代。ほんとうの豊かさを!
どんな暮らしがしたいのか?お施主様と一緒に考えていく時間を持つことの大切さを改めて提案していきたいと思います。

_MG_9650.jpg


お客様の前にまず自邸。
帰宅後あらためて「このこは覚悟を決めて家に招き入れたかな?」を自問自答しながら
まずは整理する私です。

  Trackback:0
2019
05.19

青山インテリアショップツアー<外苑通りエリア>

Category: レポート
すでに2か月経ってしまった青山インテリアショップツアー<外苑通りエリア>
中の展示も変わっているものもあるけどレポートして。
当日はイクタ→カールハンセン→ロッシュボボア→アクタス→ヤマギワ→サンワカンパニー→カッシーナ→ジーマティック→スタジオノイ→B&B Italia

レポートは順不同で
まずカッシーナさん。
行ったときは今日まで国立西洋美術館で開催しているル・コルビジェの絵画から建築の展示に連動してインテリアの展示。
IMG_20190517_123426.jpg

_MG_0973.jpg

_MG_0974.jpg

_MG_0958.jpg

↑新作展示に16日から変わってしまい上の写真は展示では見れないのですが
ショールームのスタッフの方にお話しすればわかると思います。

1階は小物が主で2.3階は空間での展示。
空間での展示方法は勉強になります。
「背景、家具、照明、小物」

そして実際に座ってみて体感。
_MG_0967.jpg

_MG_0970.jpg

_MG_1002.jpg

2019新作カタログ
IMG_20190519_115427.jpg


アートも定期的に変わっていて空間ともコーディネートされているので
こまめにチャックをしないとね。
_MG_0963.jpg

_MG_0968.jpg



続いてサンワカンパニー
こちらは先日所属している「JAFICA」の総会でお伺いし、
改めて勉強してきて追加の写真も。

取り入れたいとご要望があるもので多いのが(あくまでも私に)
タイルと洗面化粧台。
_MG_0937.jpg

IMG_20190515_175252.jpg

でも押しはキッチン
コンパクトキッチン
0_IMG_20190515_175744.jpg

キャビネットがオールステンレス
0_IMG_20190515_175738.jpg

無印良品さんとのコラボキッチン。
IMG_20190518_131837.jpg
飲食店の厨房のイメージで扉が無いキッチンも使いやすい。
「和・中・洋」の食事を食べる私たち。
そのための道具も多いわけでその辺をどうするか?
道具を置ける家事室や収納棚をつくってあげる必要があるかも。

ショールーム入ってすぐの床。ヘリンボーンにできるようにカットされたタイルも。
サンワさんはオリジナルデザインを発信する会社でした。
0_IMG_20190515_180035.jpg

サンワカンパニーさんはすっごく昔、まだショールームもないときから
お客様に「これを使いたい」と消費者の方々が好まれるデザインが多かったのですが
でもその頃は物もわからず調べるのに時間がかかったことを覚えてます。
最近ではショールームも東京にできたりカタログもあったりで比較的身近に!
でもまだまだいわゆる「今までの考え方」とは違うところがあったりで
積極的には取り入れにくいところもあったのですが
施工図面などもあるし、質問にも丁寧に対応してくださるし取り入れやすいと思います。
ただ、忘れてはいけないことが!
「商品は車の上渡しであるということ。」
それを降ろして設置位置に運び人。この人工(もちろん時間も)かんがえておかないといけないです。


  Trackback:0
2019
04.14

青山インテリアショップツアー<骨董通りエリア 6>

Category: レポート
「骨董通りエリアレポ」最終。
エ・インテリアズ→トーヨーキッチンスタイル→ミノッティ青山  +クリエーションバウマン

「エ・インテリアズ」
入ってすぐに目に付くこのインパクト大のキッチン。
_MG_8947.jpg

扉の面材は3000年川の底に眠っいた化石化したオーク材とか・・・・
_MG_0365.jpg
そんな経過木を使って上の写真のようなモダンなキッチンを作ってしまうなんてすごい。

エ・インテリアズさんは
2011年3月にオープンした9年目のセレクトショップ。
ショールームのデザインはピエロリッソーニ氏
「ミラノの小さなおうち」とみたててデザインされたそう。
取り扱いブランドメインで入っている4社(↓モニター画面上の段の4社)
_MG_8865.jpg

ピエロリッソーニがデザイン、アートダイレクターとしている入っているので
セレクトショップではあるが統一された世界観がある
他に10社以上のブランドを取り扱いしてます。

キッチン=空間=家具 
空間全体をコーディネートできる。
_MG_8907.jpg

_MG_8915.jpg

オブジェ?
_MG_8934.jpg
いえいえこちら側からは収納として使える
コレ面白い!玄関ホールとか使ってみたい。
_MG_8933.jpg
TVが90度動きます。
180度動くものも出る予定のような・・・・・
ダイニングとリビングの間に置けるようになるかも
_MG_8891.jpg

素材の違う木をこんな風にアートとして使うのも素敵
_MG_8936.jpg

部屋の真ん中に置いてフレキシブルソファ
これからのリビングの使い方
_MG_0341.jpg

テーブルもフレキシブル。
大きさ、高さの違うテーブルを組み合わせてひとつのテーブルへ、使い勝手がよさそう。
_MG_0360.jpg

続いて「トーヨーキッチン」
30以上のイタリアのブランドのエージェントになっている。
でももともとはステンレスを扱うブランド。
3Dキッチンの開発。
キッチンからはじまる空間の提案ができるブランド。
_MG_0406.jpg

_MG_0401.jpg

「ミノッティ」
MLの豪邸特集ではシェア率が一番。
空間にフレキシブルに対応できる家具(増やしたり形を変えたりすることができる)
大きな空間を埋めることができる。
またラグジュアリーーな素材感。デザイン、スタイルの豊富さ、空間の提案力。
ありとあらゆる空間の提案ができるブランド。
設計段階から計画していく必要があり提案の幅が広がる。
_MG_0430.jpg

_MG_0440.jpg

_MG_0407.jpg


アウトドアの家具も豊富です。
_MG_0424.jpg


さいごに・・・・
ツアーには入っていなかったけど途中で
「あっ!ここクリエーションバウアー!寄っていきましょう^^
ショールーム内にかかっているこのレースのカーテン。
ブラックのミラーレス。
_MG_0182.jpg


  Trackback:0
back-to-top