FC2ブログ
2019
03.21

青山インテリアショップツアー <骨董通りエリア 4>

Category: インテリア
青山インテリアショップツアー
続いて「Dada&モルテーニ」
_MG_0247.jpg
「Dada(ダーダ)」
昨年12月にオープン。
モルテーニグループのキッチンブランド。
建築家「ヴィンセント・ヴァン・ドウイセン」が
「ダーダ」と「モルテーニ」のクリエイティブディレクターに就任し、すべてをみている。

その中でのキッチン「Dada」は
いま、キッチンが空間の中に置かれるようになってきて
その中でキッチンがいかに家具、空間の中に違和感のなくコラボレートしていけるかが重要になってきている。

デザイン、素材、質感に共通項があることによって統一感が生まれてくる。

モルテーニの収納の技術力も生かされている。
_MG_0224.jpg
棚板の下にLED
_MG_0225.jpg

システム収納
_MG_0228.jpg
手掛け
_MG_0229.jpg

壁面の収納、手前に扉がついてある隠すことができる。
_MG_0209_convert_20190321215659.jpg
でも隠さなくても美しい。
見せても隠しても美しい機能美。

こちらのキッチンは横のテーブルの部分(ダイニングテーブルにもなる)
ここ電動で昇降できます。
_MG_0226.jpg

_MG_0220.jpg

アルマーニとコラボのキッチン。(アルマーニデザインでダーダがキッチンを作った)
_MG_0211-1

_MG_0216.jpg

天板が動くんです。(でもこちらは手動)
_MG_0219.jpg

水まわり。
水栓は使わないときはしまいます。
_MG_0215.jpg

_MG_0214.jpg

モルテーニの技術が生かされた食器棚も今までは上から照明を落としてキャビネット内をライトアップしているものが多かったけど
LEDのおかげで各棚板の下に仕込んだり
側面に縦にLEDを入れることで棚の中全体が美しく仕上がってる。
_MG_0199_convert_20190321214921.jpg

_MG_0248_convert_20190321215817.jpg

私自身、実際の仕事でも
壁を設けず空間の中央にキッチンを置く形が多くなり
キッチン本体も「ブラック」とか「木目。家具の色」を取り入れるプランが多くなってきている。



そして「モルテーニ」
80年を超えるブランド。
内装デザインはパトリシア・ウルキオラ氏
地下に降りる吹き抜けの装飾壁は壮観で息を飲む。
階段を降り進んでいくと不思議と気持ちが落ち着きます。
_MG_0264.jpg

_MG_0273.jpg

たくさんのデザイナーとコラボレートしているけどバラバラにならないのは
ヴィンセントがデレクションしているから。

_MG_0262.jpg

_MG_0259.jpg

_MG_0257.jpg


_MG_0271.jpg

_MG_0275.jpg

_MG_0258.jpg

_MG_0281_convert_20190321215049.jpg




スポンサーサイト
  Trackback:0
2019
02.13

青山インテリアショップツアー <骨董通りエリア 3>

Category: インテリア
_MG_0120_convert_20190213230502.jpg
マルセルワンダースが2001年にはじめたブランド。
自分がデザイナーでありながら新しいデザイナーを開拓している


店内すべてがインスタ映え
ソファーが縦に!!


デジタルプリントのラグ
_MG_0158_convert_20190214000004.jpg

個性豊かな作品がいっぱい。
_MG_0166_convert_20190213235656.jpg

ウサギがシルクハットを被っている。
不思議な国のアリスのうさぎを感じる
_MG_0132_convert_20190213220621.jpg

_MG_0171_convert_20190213225024.jpg



もうひとつの注目「照明」
LEDだからなせるもの
基盤から作っているそうです。
_MG_0142_convert_20190213223748.jpg
照明の影が壁に映る姿も美しい。

_MG_0154_convert_20190213223900.jpg

_MG_0159_convert_20190213220748.jpg

スイングする鳥の照明。鳥が揺れます。
_MG_0122_convert_20190213220352.jpg

_MG_0156_convert_201902132<br />21001.jpg

照明は個性的でありながらも繊細で美しいものが多く、
スケールが大きいのでちょっと普通の天井高2400だと難しいかもしれないけど
吹き抜けだったら大丈夫。インパクトあり。

モーイ(moooi)はオランダ語の「mooi=美しい」+oで更に美しい。っと

個性的だけど美しいデザイン。楽しいものがたくさんありました。
  Trackback:0
2019
02.12

青山インテリアショップツアー<骨董通りエリア 2>

Category: インテリア
つづいて
「ブルトハウプ」
ドイツのキッチンメーカー
_MG_0091_convert_20190212012858.jpg

扉の厚さを薄く出来るのは自社開発だからできること。
_MG_0090_convert_20190212012953.jpg

シャープなレンジフード
_MG_0088_convert_20190212013325.jpg

引き出しの中に波々の板。
中身が動かないようのにもできます。
_MG_0076_convert_20190212012326.jpg

_MG_0078_convert_20190212012500.jpg

クラフトマンシップと人間工学に裏付けられた優れた機能性を基盤としたデザイン。

このディスプレイ収納は両側から引き出すことができます。
3か月前から日本でも発売をはじめ問い合わせ増えてきているとの事。
_MG_0086_convert_20190212012736.jpg

_MG_0081_convert_20190212012649.jpg

この収納、キャビネットにもクローゼットにも部材を変えることによってフレキシブルに形を変える。
棚板、ハンガーパイプもあるそうです。
_MG_0074_convert_20190212012229.jpg
ここではキッチン用として・・・・
調味料入れを作業台の横にかけて調理。
終わったらそのままキャビネットに収納する。というなんとも職人っぽい考え方。
Inked_MG_0079_convert_20190212012552_LI.jpg


続いて「フレックス フォルム」
ほぼデザインはアントニオ・チッテリオ。
リラックスする場所。落ち着いていただける方向性のデザインは
どこかエレガントでどこか優しい雰囲気。
それはファブリクスのふわっとした雰囲気から生まれるものなのか?
モジュール式なのでひとつひとつソファーをわけて組み合わせることができるので
↓正面の3つのソファー
左から固め→普通→柔らかめになっている。
_MG_0100_convert_20190212013046.jpg
見た目全然わかりません。座って「おぉ!」って感じ。
ご夫婦で固め、柔らかめと好みが違っても組み合わせることができます。
メンテナンスもカバーリングなのではがしてクリーニング。修理も可能。
好みが変わっても対応可能。

むかし・・・・
私は柔らかめのソファーが好きでした。
座って包まれるような~
ソファーに包まれてくつろぎたい。それが至福の時よっと・・・

あれから20年。

今は立ったり座ったりしやすい高さ。座面は堅い方がいいわ。なんて人になりました。
椅子、ソファーはとにかく座って好みを探してほしいです。


パーソナルチェアもどこか美しい。
_MG_0103_convert_20190212013235.jpg

フレックスフォルムの家具は女性が座って美しいフォルム。
なので広告には必ず女性が登場されているそうです。
_MG_0116_convert_20190212013632.jpg
大理石のテーブルの色合いも上品。

_MG_0104_convert_20190212013437.jpg

張地もたくさんの中から選べます。
カシミヤも張れるそうです。
_MG_0106_convert_20190212023751.jpg


そして次のショールーム、「モーイ」へ
  Trackback:0
2019
02.10

青山インテリアショップツアー<骨董通りエリア 1>

Category: インテリア
モダンリビング主催。発行人下田さんのアテンドで回る「青山インテリアショップツアー<骨董通りエリア編 1>
参加してきました。
このツアー^^今回は11ヶ所のショップを6時間かけてまわりいろんな椅子に座って、触って、体感するというもの。
たくさん歩いてきました。廻り終えたときには少し興奮。テンションMAX。
次の日、お会いした方に「今日具合悪い?」と聞かれましたが(疲れが見えてたのかしら)
私自身は謎の達成感でテンション上がっていて。。。
6時間歩いたからか次の日も体軽くて電車移動に階段上って降りて・・・筋肉が刺激されたのか
今も変わらず階段上り下りが楽にできてます。(エスカレーターNG)思わぬ効果に感謝

行ったショールームは
ジャクソン・グローエ→ブルトハウプ→フレックスフォルム→モーイ→dada&モルテーニ→ミーレ→バクスター→エインテリアズ→トーヨーキッチンスタイル→ミノッティ青山。(途中クリエーションバウマンが追加されて)
写真416カットなので何回かにわけてレポします。

まず、集合場所のジャクソンへ
_MG_0035_convert_20190210155715.jpg

このお風呂の写真はインテリア雑誌、でもよく見かけるゴージャスなもの。
ジャクソンさんは日本のブランドのもの。日本が世界に誇れるラグジュアリーなバスタブを扱うお店です。

「からだを清め、疲れをとり、またコミュニケーションの場としての浴場」
ジャクソンは日本古来の風呂文化にインテリア性を高めたもの
入り心地を考えこのカーブも手作業でやすりで削って型を取っているそうです。
カーブも職人さんが体にやすりを付けて削って型を取ることによって生まれた究極の心地よさ。
_MG_0032_convert_20190210164831.jpg

_MG_0045_convert_20190210155935.jpg

アクリルのバスタブは白色の純度が高いので入っている水はきれいな水色。
帰宅後自宅の浴槽の水と比べましたが
はい。全然違います。

置き型4種類 埋め込み3種類
_MG_0044_convert_20190210160404.jpg

_MG_0043_convert_20190210160303.jpg

_MG_0036_convert_20190210160204.jpg

金具は無垢のステンレス。
デザインも美しいですが水圧の種類もヘッドで変えられます。
_MG_0050_convert_20190210160514.jpg

続いて同じショールーム内にある「グローエ」
ドイツのメーカーで20年前に日本に入ってきました。

カラー水栓が今のトレンド
中でも黒、真鍮(ブレス)色
黒が使われることで水回り感が薄れインテリア性が強く表現できるようになり
様々な場所で使う楽しみがあります。
真鍮もかつては経年変化で古美色になっていったけど
今は色も自由の変えることができ、それが古くなることなく色が安定。
個人的には古美色になり変化していく様は美しいと思うのですが・・・・
これは好みによるのかな?
でも水栓は美しいです。
_MG_0057_convert_20190210160605.jpg

いろんなデザインの水栓と洗面器
_MG_0066_convert_20190210163106.jpg


_MG_0070_convert_20190210164226.jpg

_MG_0071_convert_20190210164404.jpg

ラグジュアリーなバスルーム。
至福なバスタイムを
_MG_0059_convert_20190210161036.jpg

最後にバスタブとのコーディネーション?
便器が三種類あり、マットな白と黒・・・そしてこの赤茶。
赤茶の便器は初めてでした^^お探しの方、ジャクソンさんにありますよ。
_MG_0038_convert_20190210160702.jpg

つづく。
  Trackback:0
back-to-top