2017
10.12

着付け教室初体験の巻。

Category: レポート
今日は先日挑戦した「着付け」のお話を書こうと思っていたのですが
えっと・・・・昨日の綾瀬はるかさんのドラマ「奥様は取り扱い注意!」観られたでしょうか?
私が着付けにトライした動機は残念ながらそんな色っぽいものが微塵も頭によぎることが無く・・・
ですが、とっても楽しかったのそのお話をします。

東京オリンピックが近いから?外国人の観光客の方が多いからか?それとも和が気になるお年頃なのか?
最近、CMやドラマで着物姿を見ることが多く感じるのは私だけでしょうか?
私が着物を気にしているからそう思うだけなのか?
とーっても着物が気になっていて、そんな時「着付け教室「Kichi」の吉村幸子さんと出会ってしまった。
出会ったときはとってもラフな吉村さん。その時に着付け教室をされているとのお話を聞き
興味MAX
そのあとすぐに単発の着付け教室が開催されるお話を聞き早速受講してきました。
しかもまるごとレンタル可能という太っ腹。

着付け教室というとなんだかハードル高くて、興味はあったけど(てん。てん。てん。)
でも、最初お会いしたときはそのハードルが無く(知らなかったので)とってもかわいらしい方で
いきなり「振袖の着付けできますか?」なんて今思えば大変失礼なことを言ってしまった私です。
そのあとホームページに行かせていただいたら
なんとすごい経歴をお持ちで・・・
あの時は大変失礼いたしました。
その後の着付け教室で幸子さんの術を知ることになるのですが
テキパキ。重要な点は力を込め指導。
着物を着ていきながら
「ここは~まああまり気にしなくてよいです。
お母さんは忙しいのでここを気にする必要なし」と思えば
「はい!ここ重要です。ここがしっかりできるかによって仕上がり変わります
っと・・・・
うっやられました。格好いい~
着付け4
教えていただいてるときは写真をとる時間もなかったので完成図だけ。
隣で一緒に着付けをしていた方の了承をいただきパチリ

着付け5
こちらは自分で持参されたお着物。素敵でした。

着付け1
お若いママさんたちに混じってひとりお姑さん感でてる?←なんか言いました?
いいんです
着付けを教えていただきながら、何かスッと!気持ちがスッとしている自分がいました。
着物を何気なく着こなせる女性になりたいなあと思う今日この頃です。

着付けの後は主催者Cafe present ericoさんの手作り
のお弁当をいただきながら皆さんとおしゃべり。管理栄養士ericoさんの作るお弁当は「体に優しいお弁当」です。
ソイミート初めて食べました。おいしかった。
着付け2

しかもお土産にお菓子まで。
こちらもえりさんのお手製。
「身体に優しい」をテーマにした小麦、卵、乳製品、白砂糖不使用の焼き菓子
いちじくとごまのパウンドケーキはとっても、とっても、とってもおいしかった。
着付け3

着物と帯と帯締めと・・・着物の世界の色の組み合わせ方って魅力的で
引き続き着物のこと、勉強していきたいなと思っています。
幸子さん今後ともよろしくお願いします。

ericoさん、体が資本。「身体に優しい」お料理&お菓子のことも勉強させてください。

スポンサーサイト
  Trackback:0
2017
10.06

照明デザイナー弦間康仁さんの工房へお邪魔しました。

Category: レポート
照明デザイナー「弦間康仁さん」との出会いは~
そう、まだ夏の暑さが残る8月末の目黒雅叙園。。。。。。
での、"和のあかり×百段階段"でした
(正確には弦間さんの作品と出会ったのは・・・・ですが)
弦間さん1

弦間さん20

弦間さん2
こんな素敵なあかりとの出会いから1か月。
弦間さんの工房「Feel Lab」にお伺いしてしまいました。
弦間さん3

笑顔の素敵な照明デザイナー弦間さん(ピントがごめんなさい
から
"光"のシュミレーション。
知識から離れて感じることが大切
光について教えていただきました。
弦間さん4

2Wの明かり。
_MG_5765_convert_20171006115414.jpg

有機ELの明かりはまあるく優しい真珠型の明かりだまりができる。
FeelLab30.jpg


カラーライティングを使って一日の明かりの流れを体験。
これは時差ボケに効果があるとの事。
feellab15.jpg  FeelLab51.jpg
このほかにも「ピンクの空間」「赤の空間」「青の空間」・・・・・
色の光は人の心理に働きかけるので使い方によってはとっても危険。


「モノ」をどう見せたいか?に合わせた光選び。
FeelLzb20.jpg

feellab4.jpg

下からの明かり「アッパーライト」でドラマティックな演出。
FeelLab31.jpg
「こんな空間でウィスキー片手に~いいですよね~」の先生の言葉に
「えーこれじゃ家事出来ない」「主婦は夜も忙しい」等々女性陣から。
男性の方がロマンチストです。
私だってはるか昔、
インテリアの勉強をしていてお酒がとても強かった私は
花の金曜日、そんな素敵な空間でお酒を飲むこともありました。
今じゃ全くないけど・・・・
そうねえ~アイロンがけを早く終わらせこんな素敵な演出を楽しめるよう
照明計画を考えようと帰宅の道に改めて思いました。

セミナーの後に
灯りのワークショップを開催いただき
季節のオーガニック素材を活かした灯りを作成をしてきました。
弦間さん7

参加者全員インテリアコーディネーター。
作り始めるとそれぞれこだわりが・・・・終わりが見えない。
せっ蝉の抜け殻が
さてどこにいるでしょう。
Feel Lab46 Feel lab45
Feel lab44 Feel lab43
feel lab41

弦間さん16

弦間さんの作品
LiLi(ライライ)
Feel lab21

Leaf
Feel Lab22

hinoko
feellab13.jpg

建築とのコラボレーション。
オーダー。
工房にはレーザー加工された犬のイラストの照明もありました。
住まいにオーダーの照明を取り入れる楽しさを提案していきたいと思いました。

弦間さん、ご一緒した皆様
ありがとうございました。
feellab10.jpg

  Trackback:0
2017
10.05

お月見(十五夜)

今日は十五夜(日にちが超えちゃったのでもう昨日?)
2017十五夜2
とってもとっても綺麗なお月様が見られました。

この「お月見」
私が教えていただいてる日本の行事の室礼では
本来は「月を神とあがめ、収穫した里芋を供え、悪霊を祓うためにススキを飾って豊作に感謝する」といった農耕儀礼が変化したもので、現在の月見行事の原型となったもの。とのことで畑作の主食だった初物の里芋を供えたことから十五夜を「芋名月」と言われているようです。この月見の習慣、なんと室町時代からあったもののようです。

私が子供のころは近所の空き地にはこのころたくさんススキがあって
お月見の日はススキをとってくるのとお団子丸めるのが子供たちの仕事でした。

2017十五夜1

ちょっと雰囲気出して撮影。見にくいですが里芋、ちゃんと盛ってます

子供のころにはお月様にうさぎの姿が見えていた(と思う)のに・・・・

  Trackback:0
2017
10.03

子育てメッセ当日。とても素敵な空間になりました。

Category: レポート
子育てメッセ当日
本当に多くの方にお立ち寄りいただきました。
1坪ほどのブースはごらんのとおり。小さなコーディネーター達でいっぱい。

子育てメッセ当日00


子育て応援メッセ当日1

わたしの部屋をコーディネート。
子育てメッセ当日13

↓これは男の子(年長さん)が2年生なったらこんな部屋がいいと。カッコいい~
子育てメッセ3


↓とても小さな女の子。
パパ、ママ、○○ちゃん、と・・・・5人で一緒に寝るお部屋のようです。
わー!素敵
子育てメッセ当日9

自由な発想に勉強になりました。

子育てメッセ当日11

子育てメッセ4

「家でも塗りたいからいろんな絵もらってもいい?」
ちょっと大きなお兄ちゃんからの言葉。
「もちろん」おばちゃん嬉しいです。


午後からのワークショップでは
子育てメッセ当日15

自分の家のどこに置きたい!を思いながら
空間に合ったスツールをつくりました。
子育てメッセ当日8

見事に参加者、全員違うものが出来上がりました。
子育てメッセ当日6

参加7年目。
来場される方、スタッフの方々に
「今年はナニやってるの~?」なんて声をかけてくださる方もいて
メンバーで「今年はナニやろうか~?」って考える楽しみもあるけど、
準備もちょっと大変だったりもして・・・・
でも、こんな風に楽しみにしていてくださる方がいると
また頑張れちゃうんです。
皆様に支えられてるんですよね。いつもありがとうございます。







  Trackback:0
2017
09.29

浦安子育て応援メッセ2017ブース出来上がったよ♪

Category: お知らせ
浦安子育て応援メッセ
千葉県インテリアコーディネーター協会ブース、設営完了
子メッセ設営1
こんなブースが出来上がりました。


朝から・・・
こんな風に~
子メッセ設営2

「あーでもない」
「こーでもない」
頭を悩ませながら
みんなで頑張りました^^
子メッセ設営3

たまにこんなこともしたけど・・・・
子メッセ設営4


京葉線 新浦安駅下車 たぶん1~2分の場所。
遊びにいらしてください。

この空間で
コーディネーター体験できますよ



  Trackback:0
back-to-top