FC2ブログ
2019
05.19

青山インテリアショップツアー<外苑通りエリア>

Category: レポート
すでに2か月経ってしまった青山インテリアショップツアー<外苑通りエリア>
中の展示も変わっているものもあるけどレポートして。
当日はイクタ→カールハンセン→ロッシュボボア→アクタス→ヤマギワ→サンワカンパニー→カッシーナ→ジーマティック→スタジオノイ→B&B Italia

レポートは順不同で
まずカッシーナさん。
行ったときは今日まで国立西洋美術館で開催しているル・コルビジェの絵画から建築の展示に連動してインテリアの展示。
IMG_20190517_123426.jpg

_MG_0973.jpg

_MG_0974.jpg

_MG_0958.jpg

↑新作展示に16日から変わってしまい上の写真は展示では見れないのですが
ショールームのスタッフの方にお話しすればわかると思います。

1階は小物が主で2.3階は空間での展示。
空間での展示方法は勉強になります。
「背景、家具、照明、小物」

そして実際に座ってみて体感。
_MG_0967.jpg

_MG_0970.jpg

_MG_1002.jpg

2019新作カタログ
IMG_20190519_115427.jpg


アートも定期的に変わっていて空間ともコーディネートされているので
こまめにチャックをしないとね。
_MG_0963.jpg

_MG_0968.jpg



続いてサンワカンパニー
こちらは先日所属している「JAFICA」の総会でお伺いし、
改めて勉強してきて追加の写真も。

取り入れたいとご要望があるもので多いのが(あくまでも私に)
タイルと洗面化粧台。
_MG_0937.jpg

IMG_20190515_175252.jpg

でも押しはキッチン
コンパクトキッチン
0_IMG_20190515_175744.jpg

キャビネットがオールステンレス
0_IMG_20190515_175738.jpg

無印良品さんとのコラボキッチン。
IMG_20190518_131837.jpg
飲食店の厨房のイメージで扉が無いキッチンも使いやすい。
「和・中・洋」の食事を食べる私たち。
そのための道具も多いわけでその辺をどうするか?
道具を置ける家事室や収納棚をつくってあげる必要があるかも。

ショールーム入ってすぐの床。ヘリンボーンにできるようにカットされたタイルも。
サンワさんはオリジナルデザインを発信する会社でした。
0_IMG_20190515_180035.jpg

サンワカンパニーさんはすっごく昔、まだショールームもないときから
お客様に「これを使いたい」と消費者の方々が好まれるデザインが多かったのですが
でもその頃は物もわからず調べるのに時間がかかったことを覚えてます。
最近ではショールームも東京にできたりカタログもあったりで比較的身近に!
でもまだまだいわゆる「今までの考え方」とは違うところがあったりで
積極的には取り入れにくいところもあったのですが
施工図面などもあるし、質問にも丁寧に対応してくださるし取り入れやすいと思います。
ただ、忘れてはいけないことが!
「商品は車の上渡しであるということ。」
それを降ろして設置位置に運び人。この人工(もちろん時間も)かんがえておかないといけないです。


スポンサーサイト
  Trackback:0
2019
05.02

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

横浜そごうで開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」へ行ってきました。

モリス以前の英国の壁紙からはじまる壁紙の変遷。
手の込んだ模様、色、どれも美しい。
壁紙の展示のほか幾重にも色を重ねていく技法を映像で流していて
手間をかけて作り上げていく、色を重ねることによって深みが増していく様はため息がでる。

「そこまでやる?」と思うか「そこまでやるからこそ」なのか
改めてみつめなおした。
そんなモリスの商材を使ってコーディネートされた部屋が会場内に2部屋作られていて
こちらは撮影可能
「クラッシックモリス」
IMG_20190421_144300.jpg
「部屋に何を置くにしてもまず壁をどうするか考えよ」と。
手仕事のぬくもり。
簡素でも居心地の良い空間
というコンセプトでコーディネートされたモリス。


もしウィリアム・モリスが生きていたらどんなデザインをするだろう?

現代の生活に合わせやすい形で生まれ変わった「ピュア・モリス」
ニュートラルカラー、モノトーンで表現されたデザイン
IMG_20190424_080257.jpg

会場では1mの長さで壁紙が販売。
もちろん今までのクラッシックモリスもありますが私はコレ!
ピュアモリスの「いちご泥棒」を購入。

IMG_20190429_143942.jpg

実際が柄の部分の凹凸があり、ちょっとキラキラしてます。
IMG_20190429_105419.jpg

額に入れてアートにしてみた。目線の先にこの絵が。
生活を豊かにしてくれてます。
IMG_20190429_114342.jpg


  Trackback:0
2019
05.01

「令和元年」どう迎えました?

いよいよ令和元年。
新元号のスタート。
朝からテレビでカウントダウン各地の様子が放送されていて・・・・
スゴイ祝福ムードだったんですね。

私はといえば・・・・ドラマを見ながら寝落ち。目が覚めたら1時。すでに令和になっておりました。

昭和の時代は戦争があり、平成の時代は自然災害。
令和は平和で幸せな時代になってほしい。
この年になると本当にそう願います。それを基盤にワクワク、キラキラ☆彡
素敵な毎日を過ごしていきたいな!っとおもう令和元年のスタート!
っと清々しくスタートを切るはずだったのに

今日は朝から息子が一日部活のため朝5時に起きて弁当作って送り出し
たはずなのに・・・・・
奴は・・・・
渡した弁当を忘れていった

どうして?渡したよね。かばん空けてたよね?

なぜここ(椅子の上に・・・・)という令和元年の朝でした。

*******************************************
今日の晩飯ナニ?って
そりゃー朝のお弁当ですよ。
冷蔵庫に入れておきました^^コレでよろしくお願いします!

  Trackback:0
2019
04.26

日本橋インテリアツアー

Category: 未分類
一昨日、所属している千葉県インテリアコーディネーター協会の総会が滞りなく行われ、
新年度スタートしました。
総会では昨年度の活動報告、今年度の活動案などの計画を発表するのですが
その中で3月に開催し好評だった自主勉強会であるインテリアツアー。
こちらをちょっと報告
この企画は、今年で26年目の協会、
初期の頃のメンバーNさんの企画。
私が入会した15年くらい前にも建築のお仕事をされてるNさんは新しい商材が発表されると
「これ面白いよ~」っと定例会で教えてくれていて
でも仕事が忙しくなり退会されてしまって・・・・・
時が経ち時間ができたと昨年戻ってきてくれました。
そしたら早々に勉強会を企画してくださって
スゴイパワーです。
まだレポートしてなかったけどまだまだ開催中のイベントもあるので遅ればせながら案内を兼ねて

3月の中頃に「日本橋インテリアツアー」に行ってきました。
AGC(旧旭硝子)ショールーム→トミタショールーム→ドマーニ→日本橋高島屋
AGCではガラスの基本から最先端技術、未来体験、日々進化しているガラスの世界を勉強
_MG_8668.jpg
外からは顔が認識できないようにしたり、足元が見えないようにする加工のもの。
_MG_8654.jpg

_MG_8660.jpg

_MG_8652.jpg

1階のギャラリーでの展示
IMG_20190426_114442.jpg


_MG_8679.jpg

_MG_8674.jpg
不思議な展示です。
5月11日まで開催。


続いてトミタショールームへ
_MG_8693_2019042617253741a.jpg

_MG_8691.jpg

新商品チェックと今回はTV「マツコの知らない世界」のオーダーカーテンの特集で紹介されたカーテンを見て触ってきました。
↑は違うけど個人的に素敵だと思った使い方。
こんな風にファブリックパネルにしてアートに。
ここのショールームに行ったら1階のトイレは覗いていただきたいポイント。
シルバーの壁紙は落ち着いていてカッコいい。


続いてカリモク家具の最高峰ブランドドマーニへ
国産家具メーカー。
なのでスケール感もよいのは言うまでもないけどデザインと素材もカッコいいし、取り扱える椅子張りの生地、革の
バリエーションも高級感がある。
_MG_8739.jpg

_MG_8711.jpg

_MG_8724.jpg

_MG_8734.jpg
そして最後に百貨店建築として初の重要文化財「日本橋高島屋へ」
説明は高島屋のコンシェルジュの方が。
4度にわたる増築の歴史を外観を見ながら教えていただき
_MG_8745.jpg

1階~2階の吹き抜けの部分の大理石の柱。
_MG_8749.jpg

エレベーター
大理石の壁。
_MG_8750.jpg

エレベーターガールの方が手動で操作。
カッコいい
_MG_8754.jpg

べレムナイト(いかの祖先)やら
_MG_8751.jpg

アンモナイトやら
_MG_8752.jpg
探してみるのも楽しそう。


屋上で子供たちのために飼育されていた象の高子(たかちゃん)
4年間の飼育の後、↓この階段を自分の足で1階まで降りたそうです。
でも1階まで降りたとき、怒った??
鼻でショーウィンドウを壊したそうで
でも1階まで自分の足でスムーズに降りてくれたことへの感謝の方が大きかったそうです。

_MG_8759.jpg

高ちゃんをモチーフにした屋上塔屋の前で記念写真。
19-04-26-22-01-10-949_deco_20190426221329459.jpg

DSC_8125◎

4度にわたる増築設計を担当した村野藤吾さんに焦点をあてた企画展もまだ開催中5月26日まで
IMG_20190426_114542.jpg

そしてNさん、今年度は「銀座インテリアツアー」を計画。
またまた楽しい勉強会になりそうです。

  Trackback:0
2019
04.14

青山インテリアショップツアー<骨董通りエリア 6>

Category: レポート
「骨董通りエリアレポ」最終。
エ・インテリアズ→トーヨーキッチンスタイル→ミノッティ青山  +クリエーションバウマン

「エ・インテリアズ」
入ってすぐに目に付くこのインパクト大のキッチン。
_MG_8947.jpg

扉の面材は3000年川の底に眠っいた化石化したオーク材とか・・・・
_MG_0365.jpg
そんな経過木を使って上の写真のようなモダンなキッチンを作ってしまうなんてすごい。

エ・インテリアズさんは
2011年3月にオープンした9年目のセレクトショップ。
ショールームのデザインはピエロリッソーニ氏
「ミラノの小さなおうち」とみたててデザインされたそう。
取り扱いブランドメインで入っている4社(↓モニター画面上の段の4社)
_MG_8865.jpg

ピエロリッソーニがデザイン、アートダイレクターとしている入っているので
セレクトショップではあるが統一された世界観がある
他に10社以上のブランドを取り扱いしてます。

キッチン=空間=家具 
空間全体をコーディネートできる。
_MG_8907.jpg

_MG_8915.jpg

オブジェ?
_MG_8934.jpg
いえいえこちら側からは収納として使える
コレ面白い!玄関ホールとか使ってみたい。
_MG_8933.jpg
TVが90度動きます。
180度動くものも出る予定のような・・・・・
ダイニングとリビングの間に置けるようになるかも
_MG_8891.jpg

素材の違う木をこんな風にアートとして使うのも素敵
_MG_8936.jpg

部屋の真ん中に置いてフレキシブルソファ
これからのリビングの使い方
_MG_0341.jpg

テーブルもフレキシブル。
大きさ、高さの違うテーブルを組み合わせてひとつのテーブルへ、使い勝手がよさそう。
_MG_0360.jpg

続いて「トーヨーキッチン」
30以上のイタリアのブランドのエージェントになっている。
でももともとはステンレスを扱うブランド。
3Dキッチンの開発。
キッチンからはじまる空間の提案ができるブランド。
_MG_0406.jpg

_MG_0401.jpg

「ミノッティ」
MLの豪邸特集ではシェア率が一番。
空間にフレキシブルに対応できる家具(増やしたり形を変えたりすることができる)
大きな空間を埋めることができる。
またラグジュアリーーな素材感。デザイン、スタイルの豊富さ、空間の提案力。
ありとあらゆる空間の提案ができるブランド。
設計段階から計画していく必要があり提案の幅が広がる。
_MG_0430.jpg

_MG_0440.jpg

_MG_0407.jpg


アウトドアの家具も豊富です。
_MG_0424.jpg


さいごに・・・・
ツアーには入っていなかったけど途中で
「あっ!ここクリエーションバウアー!寄っていきましょう^^
ショールーム内にかかっているこのレースのカーテン。
ブラックのミラーレス。
_MG_0182.jpg


  Trackback:0
back-to-top