2017
11.08

IC試験 二次試験対策はじめてますか?

Category: セミナー
IC試験一次を受けられた方、
予定では本日合否の発送予定日頃ですね~
皆さんの努力が報われた結果が送られてくることを祈ってます。

ほっとしたのもつかの間、次は二次試験です。
二次試験は12月3日!(1か月切ってます
準備、はじめてますか?
二次試験はプレゼンテーション(製図)と論文。
「日々の業務で図面、パースを書いている人には準備無くても大丈夫よ!」なーんて事は言いません。
甘くは見ないほうが良いんじゃないかな~

もう準備はされてますか?
二次試験で持ち込み可能なもの
・直定規
・三角定規
・円定規
・三角スケール
・コンパス
・消しゴム
・字消し版
・色鉛筆(12色以内)
・鉛筆削り
・製図用ブラシ
・筆記用具(鉛筆、シャープペンシル)
上記以外のもの使用不可です。
円定規は円以外の型板の使用は不可です。しかし今年から一部角度のついたものはOKになっているようです。
インテリア産業協会のHPでご確認ください。
イン産HPこちら
a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/s/m/i/smile24712/201711080940553f8.jpg" target="_blank">IC2次試験①

29回の試験から製図と論文で180分。この時間内で書き上げます。
そうなると自分の時間配分を考えなくてはいけないですよね。
だいたい論文60分+図面120分って感じでしょうか。
過去5年間の出題傾向を見ていると
30回 平面図 断面図 アイソメ
31回 平面図 断面図 1消点パース
32回 平面図 断面図 正面図
33回 平面図 断面図 断面図・正面図
34回 平面図 アイソメ
これにすべて+論文。
紙の大きさはA3がプレゼンテーション+A4論文
しかも解答用紙が一つにつながってるから
IC2次試験②
こんな感じになってしまう。
折って、図面を書けばよいのかもしれないけど
あまり大きくない机での作業。
持ち込みの画材は製図に支障がない範囲であまり大きくない方がよさそうですよね。

とにかく完成してないと見てくれません。
とりあえず書く練習はしておいた方がよさそう。
・家具の大まかな寸法を覚えておく。(6人が座るソファーって?どのくらいの大きさ?とか)
・色鉛筆は使いやすい色で12色選んでおく。
・建材を覚えておこうね。
などの下準備をし
当日は
・問題をよく読んで要求しているものすべてを図面に落とす。
・オーソドックなプランで。
・密度を濃く。

ここまで頑張ってきているのです。がんばりましょうね。



スポンサーサイト
  Trackback:0
2017
11.02

人生初の清里は・・・

Category: 未分類
kiyosato3.jpg

今年もあと2か月
年末に向かうとなんだか気忙しく~
でも今年は少し早いかも。すでにあわただしい日々になってます。
っと言い訳はこのくらいにして・・・・
実は、先月、清里「萌木の村」に行きまして、その時ハロウィン写真を撮っていて
その写真をアップしたかったのですが追い付かず、そのままになってしまい、
でも今日、歩いてると街は既にX'masデコレーションが始まっている
やばい明日にでもX'mas装飾一色になってしまいそうで~

ハロウィン?もう終わったじゃん。
今更?そこまでして載せたいの?と自分に問いただすも答えはひとつ。
「うん。
だってわたし、「人生初の清里だったんですもの
kiyosato6.jpg

人生初の清里、滞在時間は3時間強。しかも行ったのは萌木の村だけでしたが
萌木の村のハロウィンは風景になじんでなんとも素敵だった
kiyosato5.jpg

kiyosato9.jpg

kiyosato12.jpg

kiyosato2.jpg

対比するものが無く大きさがわかりづらいけどへたの部分を合わせれば身長158㎝の私より大きい。
kiyosato1.jpg

しかも↓だそうです。
kiyosato4.jpg

お昼は萌木の村のある「ROCK」というレストラン。
kiyosato8.jpg

ここで作られている地ビール6種類×200ml\1,560-のビール飲み比べセットはかなりお得。
kiyosato10.jpg

もちろんお土産にも
kiyosato11.jpg

人生初の清里は
静かで大人のしっとりしたところでした。

そんな大人な私の今年の仮装は「ゾンビ花嫁」
その姿のまま水を買いにコンビニに入ったら
かわいい女の店員さんに
「ハロウィンですか?気を付けて行ってきてください」と笑顔で見送られました。
  Trackback:0
2017
10.21

星空の写真を撮りたくて

Category: 未分類
教えていただいてる体育会系写真講座で
先週末、星空撮影の勉強をしてきました。
場所はこちら美しい星空の宿スター☆パティー「スタパ」さん

星空写真って言葉を聞いてまず思い出したのが。むか~し理科の教科書に載っていたあの星のぐるぐる写真?
小学生のころ同級生の男の子グループが夏休みの宿題にそんな写真を持ってきた。クラスの子たちは「スゴイ☆彡」とその男の子たちと写真の周りを囲んでいたけど、先生はどこで撮ったの?夜に子供だけで?親御さんは?っとなんか怒っていたのを記憶してる。
確かに、今ならわかります。昔であっても子供だけで野宿したのか?は定かじゃないけど危ないよね。
でも私はそんな彼らをスゴイと子供ごころにワクワクしていたのを覚えてる。
そんな記憶もあり星空撮影の勉強会のお話しを聞いたときどうしても行きたくて~
家族の協力のもと行ってきてしまいました。

講義内容は盛りだくさん。
・座学の講座では星を撮影するための絞り、シャッタースピード、ISO感度のこと、三脚の選び方~使い方、先生方の
 今まで撮影された星空の写真をみながら撮影のポイント。画角構成。・・・・と学ぶこと盛りだくさん。
・双眼鏡教室・・・・双眼鏡の使い方、初めて知りました。
・星空観測会~の撮影実習。
の予定があいにくの雨。
でも雨の日に開催される星空ソムリエのオーナーさんから「星空のお話し+宇宙旅行」をプロジェクターで!
とっても興味深くおもしろかった。
宇宙の中の私はとってもちっぽけだけど。そんなちっぽけな私も頑張って生きてるよ!な~んてちょっとしみじみ思っちゃいました。
そんな宇宙旅行から帰ってくると厚い雲のすき間から奇跡の星空☆
肉眼で星を教えていただきながらそこから40センチ望遠鏡を使った観測会。
美しかった。キラキラ輝く星に言葉を失う。
そのあと撮影実習~っと思ったら再び厚い雲。。。。。
座学で星空を撮影するときの手法を教えていただきながら
星空1

プラネタリウムを使って構図とピントの合わせ方を実習。気が付けばAM2:00

生憎実際の写真は撮れなかったけど中身の濃ーい講座でした。
開催いただいた知新先生、戸田先生、
励ましてくれたみなさん、スタパさん、ありがとうございました。

学んだことをあとは自主練習。
っと誓ったのに早速やっちゃいました。
失敗した写真、↓
次の日、帰る際「あっ!スタパさんの外観とるの忘れた!」と慌てて撮った2枚。
シャッタースピードだけ変えISO感度そのままで撮った写真がコレ。

hoshizora3.jpg 

hoshizora 2

先生が言ってました。
暗い中、試し撮りをした際うまく取れなかったら慌てない。落ち着いて、微調整。
ISO感度とスピードのせめぎあい。
私・・・昼間でもテンパります。
星空撮影は暗い中行うので落ち着いて手の感覚で調整できるように訓練あるのみ。
私の最重要課題は「落ち着いて」です。

今日は、新月だし、条件が整えば今日21日土曜日20:00~24:00、オリオン座が地平線上に出ていれば「オリオン座流星群」が街中でも見ることができるらしい。でも・・・・現在、雨です。台風が来ている
奇跡の晴れ間が現れるか?
その時は慌てず焦らずISO感度とスピード調整を落ち着いて臨みます。

帰宅後、本棚をのぞいていたらあったあった。
子供が小さいころ買った「星座早見表」
今は素晴らしいアプリ(しかも無料)があるので実際にはそちらの方が便利だと思うけど
こんなものをくるくる回しているのも楽しい。
キーホルダーはスタパさん15周年記念で宿泊者の方にプレゼントしているキーホルダー(たくさん用意したくださったそうですが無くなり次第終了とのこと)
今や星占いとか全然気にならない年齢になってしまったけど
自分の星座がとっても愛おしくなりました。
hoshizora4.jpg

  Trackback:0
2017
10.12

着付け教室初体験の巻。

Category: レポート
今日は先日挑戦した「着付け」のお話を書こうと思っていたのですが
えっと・・・・昨日の綾瀬はるかさんのドラマ「奥様は取り扱い注意!」観られたでしょうか?
私が着付けにトライした動機は残念ながらそんな色っぽいものが微塵も頭によぎることが無く・・・
ですが、とっても楽しかったのそのお話をします。

東京オリンピックが近いから?外国人の観光客の方が多いからか?それとも和が気になるお年頃なのか?
最近、CMやドラマで着物姿を見ることが多く感じるのは私だけでしょうか?
私が着物を気にしているからそう思うだけなのか?
とーっても着物が気になっていて、そんな時「着付け教室「Kichi」の吉村幸子さんと出会ってしまった。
出会ったときはとってもラフな吉村さん。その時に着付け教室をされているとのお話を聞き
興味MAX
そのあとすぐに単発の着付け教室が開催されるお話を聞き早速受講してきました。
しかもまるごとレンタル可能という太っ腹。

着付け教室というとなんだかハードル高くて、興味はあったけど(てん。てん。てん。)
でも、最初お会いしたときはそのハードルが無く(知らなかったので)とってもかわいらしい方で
いきなり「振袖の着付けできますか?」なんて今思えば大変失礼なことを言ってしまった私です。
そのあとホームページに行かせていただいたら
なんとすごい経歴をお持ちで・・・
あの時は大変失礼いたしました。
その後の着付け教室で幸子さんの術を知ることになるのですが
テキパキ。重要な点は力を込め指導。
着物を着ていきながら
「ここは~まああまり気にしなくてよいです。
お母さんは忙しいのでここを気にする必要なし」と思えば
「はい!ここ重要です。ここがしっかりできるかによって仕上がり変わります
っと・・・・
うっやられました。格好いい~
着付け4
教えていただいてるときは写真をとる時間もなかったので完成図だけ。
隣で一緒に着付けをしていた方の了承をいただきパチリ

着付け5
こちらは自分で持参されたお着物。素敵でした。

着付け1
お若いママさんたちに混じってひとりお姑さん感でてる?←なんか言いました?
いいんです
着付けを教えていただきながら、何かスッと!気持ちがスッとしている自分がいました。
着物を何気なく着こなせる女性になりたいなあと思う今日この頃です。

着付けの後は主催者Cafe present ericoさんの手作り
のお弁当をいただきながら皆さんとおしゃべり。管理栄養士ericoさんの作るお弁当は「体に優しいお弁当」です。
ソイミート初めて食べました。おいしかった。
着付け2

しかもお土産にお菓子まで。
こちらもえりさんのお手製。
「身体に優しい」をテーマにした小麦、卵、乳製品、白砂糖不使用の焼き菓子
いちじくとごまのパウンドケーキはとっても、とっても、とってもおいしかった。
着付け3

着物と帯と帯締めと・・・着物の世界の色の組み合わせ方って魅力的で
引き続き着物のこと、勉強していきたいなと思っています。
幸子さん今後ともよろしくお願いします。

ericoさん、体が資本。「身体に優しい」お料理&お菓子のことも勉強させてください。

  Trackback:0
2017
10.06

照明デザイナー弦間康仁さんの工房へお邪魔しました。

Category: レポート
照明デザイナー「弦間康仁さん」との出会いは~
そう、まだ夏の暑さが残る8月末の目黒雅叙園。。。。。。
での、"和のあかり×百段階段"でした
(正確には弦間さんの作品と出会ったのは・・・・ですが)
弦間さん1

弦間さん20

弦間さん2
こんな素敵なあかりとの出会いから1か月。
弦間さんの工房「Feel Lab」にお伺いしてしまいました。
弦間さん3

笑顔の素敵な照明デザイナー弦間さん(ピントがごめんなさい
から
"光"のシュミレーション。
知識から離れて感じることが大切
光について教えていただきました。
弦間さん4

2Wの明かり。
_MG_5765_convert_20171006115414.jpg

有機ELの明かりはまあるく優しい真珠型の明かりだまりができる。
FeelLab30.jpg


カラーライティングを使って一日の明かりの流れを体験。
これは時差ボケに効果があるとの事。
feellab15.jpg  FeelLab51.jpg
このほかにも「ピンクの空間」「赤の空間」「青の空間」・・・・・
色の光は人の心理に働きかけるので使い方によってはとっても危険。


「モノ」をどう見せたいか?に合わせた光選び。
FeelLzb20.jpg

feellab4.jpg

下からの明かり「アッパーライト」でドラマティックな演出。
FeelLab31.jpg
「こんな空間でウィスキー片手に~いいですよね~」の先生の言葉に
「えーこれじゃ家事出来ない」「主婦は夜も忙しい」等々女性陣から。
男性の方がロマンチストです。
私だってはるか昔、
インテリアの勉強をしていてお酒がとても強かった私は
花の金曜日、そんな素敵な空間でお酒を飲むこともありました。
今じゃ全くないけど・・・・
そうねえ~アイロンがけを早く終わらせこんな素敵な演出を楽しめるよう
照明計画を考えようと帰宅の道に改めて思いました。

セミナーの後に
灯りのワークショップを開催いただき
季節のオーガニック素材を活かした灯りを作成をしてきました。
弦間さん7

参加者全員インテリアコーディネーター。
作り始めるとそれぞれこだわりが・・・・終わりが見えない。
せっ蝉の抜け殻が
さてどこにいるでしょう。
Feel Lab46 Feel lab45
Feel lab44 Feel lab43
feel lab41

弦間さん16

弦間さんの作品
LiLi(ライライ)
Feel lab21

Leaf
Feel Lab22

hinoko
feellab13.jpg

建築とのコラボレーション。
オーダー。
工房にはレーザー加工された犬のイラストの照明もありました。
住まいにオーダーの照明を取り入れる楽しさを提案していきたいと思いました。

弦間さん、ご一緒した皆様
ありがとうございました。
feellab10.jpg

  Trackback:0
back-to-top